住まいをローンで購入

住まいを所有する際の資金

トップ / 住まいを所有する際の資金

住まいのお手入れの情報

住まいにかかるお金のあれこれ

自分たちの住まいを手に入れるには、多くのお金がかかります。また、それを維持するにも、維持費がかかります。住宅を購入するにも、賃貸物件を借りるにしても、ある一定の費用がかかります。購入する場合は、なるべく頭金を準備し、残金を借り入れで賄い、住宅ローンを組んで返していきます。賃貸では、毎月の家賃がかかります。どちらが得なのかというのは、人それぞれ置かれた立場や価値観で違ってくることでしょう。所有物である場合は、固定資産税やメンテナンス費がかかりますし、賃貸の場合は2年のことが多いのですが、更新料というものも発生します。いずれにしても、家族のために住まいを構えて生活していくのには、お金が必要だということです。

住宅を購入するときのお金

自分の住まいを手に入れたい、または建て替えたいと思うとき、お金の問題が発生してきます。家は一生に一度の大きな買い物といわれ、購入するにも多額の資金が必要になってきます。場所にもよりますが、土地と住宅の購入で、地方では2000万円から3000万円、都市部では5000万円以上の費用がかかることもあります。できれば、頭金をある程度用意できれば、新生活の家計も楽になりますが、用意できない場合は住宅ローンを組むことになります。若い人では30年、毎月とボーナス併用払いにする人もいます。借入額が大きいと、毎月の返済が大変になります。無理のない返済計画を立てることをおススメします。住まいのお金の問題はとても重要です。家族でよく検討した上で、購入するようにしましょう。