住まいの音が気になる

住まいの防音に気を配る

トップ / 住まいの防音に気を配る

住まいのお手入れの情報

住まいの音については

住まいの音については、外部から入ってくる場合と、内部から漏れる場合があります。外部から入ってくるものを遮断できれば、ほぼ内部から出る場合にも対処はできるものです。防音対策を講じる場所としては、サッシの取り付け場所における壁とサッシの隙間、そして窓ガラスや外壁からということになります。これを防ぐには外壁を厚い堅固な材質で作る、つまり鉄筋コンクリート造にすると効果があるものです。木造住宅の場合には断熱材と外装材の組み合わせで対処する方法、並びに2重サッシやペアガラスを使用することで対処し、隙間の無い様に施工することが重要です。室内で楽器などを演奏する場合には、吸音材を住まいの材料に使用するのも効果がありますし、地下室を作ることで問題解決に至る場合もあります。

住まいの音について考える

住まいの中で、気になることはありませんか。例えば、トイレや水回りなどの排水関係やエアコン、ピアノ、隣の話し声、外から聞こえる騒音など、たいしたことないと思っていても、結構気になるものです。また、家の中にいてもヘリコプターや犬の鳴き声、車の通るときなど聞こえてくることがあります。それはその人の住んでいる住環境にもよります。近くに工場や工事地帯がなく、閑静な住宅地であると心穏やかに生活できます。音が気になる場合は、壁に工夫し、専門的な施工をすることで、ずいぶんと和らげることができます。気持ちよく生活するために、住まいにひと工夫してみましょう。