住まいについて考える

住まいを所有を考える

トップ / 住まいを所有を考える

住まいのお手入れの情報

住まいでおすすめのものは

住まいでおすすめのものというと、構造や防水面など30年間メンテナンスが要らないものです。住宅の構造において軽量鉄骨造などではなく高層建築と同じ重量鉄骨造になっていて、制震構造も選択できる為に揺れを3分の1に抑えられるという特徴があり、地震に対して安全です。おすすめは住まいの外装には軽量気泡コンクリート、属にいうALC版を貼っているので防音や遮音、断熱性能性能に優れているところです。しかし高断熱高気密など次世代省エネルギー基準を超えるものはなく、それには追加費用が必要です。丈夫で長く住むことができる住まいを選びたいものですね。

住まいのおすすめについて

賃貸住宅に長年住みつづけても、将来自分の持ち物にはなりません。毎月の家賃や、修繕費、更新料など、長い目で見ると莫大なお金になります。もし、お金がもったいないと思い始めたら、住まいを探してみたらいかがでしょう。一戸建てやマンション、新築、中古など、住居形態はいくらでもあります。費用を抑えたいなら、中古物件がおすすめです。住んでみて、不便を感じたら、リフォームしましょう。新築住宅を購入するよりずっと割安にできます。最新の住宅設備が設置できるので、まるで新築のような仕上がりです。住まいを購入する際は幅広い物件を探してみることをおすすめします。